輪郭を美容整形で整える

顔が大きいことが長年のコンプレックス

顔が大きいことは、長年のコンプレックスでした。
ひそかに小顔体操をおこなったり、顔の筋トレをしたこともあります。
しかし効果はほとんど期待できません。
気休め程度にしかならず、もともと顔が小さい人なら効果があったでしょう。
結局は輪郭を削って小さくすることが解決策になります。
物理的に小さくするしかありません。
どこを削るかは先生とよく相談して決める必要があります。
自分ではよいと思っても、バランスが悪くなることがあるからです。
美容整形の病院を決めるには、カウンセリングを丁寧に行ってくれることを確認します。
中には適当なカウンセリングしかしない病院もあるからです。
美容整形をしたあとは、ダウンタイムと呼ばれる時間があります。
ダウンタイムは傷口が回復するのを待つ時間です。
顔がはれるので、本当に手術が成功したか不安になります。
鏡を見ては、このままもとに戻らなかったらどうしようと心配になります。
包帯でぐるぐる巻きにされた顔を見るのは辛いことです。
バンドのようなもので包帯を固定するので、できれば冬に手術をするのがおすすめです。
夏はバンドが蒸れてものすごく不快です。
無事にダウンタイムが終わったあとは、自分の体に変化が起きたことを忘れるべきではありません。
なぜなら、以前とは顔が違うのでできなくなったこともあるからです。
たとえば口を大きくあけてかぶりつくことはできません。
お肉などの硬いものはとくに要注意です。
麺をすすれなくなる場合もあります。
おちょぼ口で少しずつ口に運ばなければいけません。

顔が大きいことが長年のコンプレックス | 美容整形で輪郭を整える | 手術が成功!